トランサミン錠を格安で手に入れる方法をご存知ですか?

 

トランサミンの最安値を調べました→オランダ屋が最安値!

トランサミン錠はシミ消しなどの美容目的の他、喉の痛み、蕁麻疹など、幅広い目的で使用されますが、美容目的の場合保険適用されません。
美容クリニックなどで自由診療で処方してもらった場合、100錠で4,000円程度の価格になります。

 

クリニックで処方してもらうより、ずっと安い方法で購入できるのが通販(個人輸入)です。
通販では概ね半額程度の価格で販売されています。

 

現在、幾つかトランサミンを取り扱うお店はありますが、大手の何社かを調べてみました。

 

トランサミン250mg(100錠)の価格比較

A社:6,780円
B社:3,150円
C社:2,532円
D社:2,380円
オランダ屋:2,259円

※為替相場により価格は日々変動します。公式サイトで最新の価格をお確かめ下さい。

 

調査の結果、オランダ屋が最安値でした。
なお、オランダ屋の公式サイトでは実際にトランサミンを使用した人の口コミ・レビューが多数掲載されているので迷っている方には参考になると思います。

 

→トランサミンの価格・詳細はコチラ

 

<追記>BIHAKUENのトランサミン

トランサミンには他の商品もあって、最近人気になっているのがBIHAKUENというブランドのトランサミンです。
240錠で4500円となっています。
1錠あたりだと19円程度、先ほど紹介したトランサミンより1割ほど安くなっています。
最安値というなら、こちらが真の最安値です。

 

→BIHAKUENのトランサミン(ラネキサム酸)の価格・詳細はコチラ

 

トランサミンの口コミは?

トランサミンは使用者の多い商品なので、実際に使用した人の口コミレビューも数多くあります。
ここではネット上の口コミ評価を集めてみました。
※表現は一部変更しています。

 

●肌全体的に白くなり肝斑も薄くなりました。

 

●飲み始めて2〜3週間ほどで肝斑が薄くなりました。

 

●色んな人から肌が白くなったと言われました!

 

●飲み始めて10日ほどで肌の透明感を感じました。

 

●顔の赤みがなくなりました。

 

●素顔で過ごせるようになりました。

 

●L-システイン・ビタミンCと併用しています。

 

●トレチノイン・ハイドロキノンと併用しています。

 

●効果も副作用も感じませんでした。

 

●あまり効果を感じなかったので休薬しました。

 

●胃が痛くなりました

 

<総評>
肝斑が薄くなった、肌が白くなった、透明感が出たなど、口コミを見る限りほとんどの人が効果を感じているようでした。
一方、効果を感じなかったという人もいて、やはり効果には個人差があるようでした。
また、一般的にはトランサミンは副作用の少ない薬として知られていますが、口コミをみると、胃痛などの副作用を感じた人もいました(ただし本当にトランサミンの副作用なのかは分かりません)。
なお、L-システイン・ビタミンCあるいはシナールなど、トランサミン同様にメラニン抑制効果がある薬と併用している人も少なくないようでした。
さらに、トレチノインやハイドロキノンのような美白外用薬も併用している人もいました。

 

オランダ屋の公式HPでもトランサミンの口コミが多数掲載されているので、気になっている人には参考になると思います。

 

トランサミンの様々な作用

トランサミン(トラネキサム酸)はシミ消し・肝斑対策以外にも、止血作用や炎症を抑える作用があるので、多くの症状に対して使われています。
口コミを見てみます。
※表現は一部変更しています。

 

●扁桃腺の痛みによく効きます

 

●喉の痛みにも効きました

 

●口内炎も早く治りました

 

●生理の量が減りました

 

●蕁麻疹対策としてよく使います

 

<総評>
実に様々な目的で使用されていることが分かります。
自分は喉の痛み対策、奥さんは美白目的など、夫婦で違う目的で同じ薬を飲んでいる人もいました。
基本的にトランサミンは美容目的以外なら保険適用されるので、病院で処方してもらうと安く手に入れることができます。
しかし、病院に行く時間がないとか面倒くさいという理由で通販を利用する人は少なくないようでした。

 

トランサミンとは?

トランサミン(Transamin)はトラネキサム酸を有効成分とする内服薬です。

日本では第一三共が昭和40年に販売を開始しています。
トランサミンのジェネリック薬としてケイサミン(三恵薬品)、プレタスミン(辰巳化学)、ヘキサトロン(日本新薬)、リカバリン(旭化成ファーマ)などが販売されています。

 

トラネキサム酸は人工的に合成されたアミノ酸の一種です。
プラスミンという血液を溶かす物質の働きを抑制する作用があり、これにより止血効果を発揮します。
そのことから、トラネキサム酸は主に止血剤として用いられています。

 

また、プラスミン抑制効果は、腫れなどの炎症反応を抑えることにも繋がり、そのことから蕁麻疹、喉の痛み、扁桃腺の痛み、口内炎の治療にも使用されます。

 

さらに、プラスミンはシミ等の原因となるメラノサイトを活性化する働きがありますが、これもトラネキサム酸によって抑制することができるので、そのことからシミ防止、肝斑消しなどの美白にも効果を発揮します。

 

以上のように、トラネキサム酸は幅広い症状に効果を発揮します。
副作用がほとんどないことから安心して使用できる薬ですが、止血効果があるため、心筋梗塞、脳血栓、血栓性静脈炎などの持病がある人は注意が必要です。

 

トランサミンの副作用

トランサミンには副作用が少ない事が知られていますが、全く副作用がない薬などないはずです。
ここではネット上のトランサミンの副作用に関する口コミを探してまとめてみました。
※表現は一部変更しています。

 

●白髪が増えました

 

●生理の血が止まってしまいます

 

●蕁麻疹がでました

 

●全身が痒くなりました

 

●発疹がでました

 

●動悸がしました

 

<コメント>
副作用に関する口コミは100件に1件程度の割合だったので、殆どの人には副作用は出なかったと思われます。
ただ、それでも副作用を感じて、中には使用を中止したという人もいました。
最も多かった副作用は白髪の増加でした。
トランサミンにはメラニンの生成を抑制する効果があるのが理由だと思われます。

 

トランサミン使用体験談(30代/女性)

0代後半からだんだんとシミが目立ち始めていたので、すでに出来てしまっているシミ消しや今後のシミを防止するために、友人にすすめられてトランサミンを使い始めました。1日に750mgを目安に摂取するように書かれてありましたので、トラネキサム酸250mgを1日に3回に分けて服用しております。
美容クリニックなどで処方してもらうと手間も費用もかかりますので、私はもっぱら輸入できるネット通販サイトで購入しております。やはりネットで買うと少し安めで、1本100錠入りを約2000円ほどで購入しました。

 

これを使い始めてからは1ケ月ほどになりますが、頬の上に濃くできてしまったシミがだんだんと薄くなってきております。頬の周りの赤い感じも取れてきたので、トラネキサム酸の美白効果をじわりじわりと感じることが出来て嬉しいです。

 

このお薬の副作用かどうかわからないのですが、鼻の脇辺りに少し白い斑点が現れています。通常の皮膚よりは白いのですが、美容に詳しい友人に診てもらうと白斑と言うほどのものではなさそうなので、メイクの時以外はあまりに気にしておりません。もう少し様子を見ておりますが、もし副作用だというならば使うのをいったん止めなければならないかもしれません。

 

また、もともと薬アレルギー的な体質があったので、飲みはじめの頃は薬が身体に馴染んでなかったらしく、少し胃がむかむかして気分が悪くなることもありましたが、しばらく座ってゆったりしているとおさまります。

 

本人としては、コンシーラーでもなかなか隠せなかった濃いシミが消えていくのは嬉しいことですので、この効果については大満足しております。多少気分が悪くなることがあっても、自分としては何としてもシミを消したいですし、これから年齢を考えると将来的なシミ予防のためにも、このお薬を少しずつでも続けていきたいと思っております。


→トランサミンの価格・詳細はコチラから

 

<姉妹サイト>
トランサミンにはマイルドな美白効果がありますが、塗り薬でそれに似た効果があるのが、ヒルドイドクリームです。
クリームなので塗り薬ですが、美白効果の他に、ニキビ跡の治療、血行促進、肌荒れの治療など、さまざまな症状に対応している万能薬です。
詳しくはこちら。

 

ヒルドイド通販 安いお店はココ!